わたしはいま電子書籍をどう使っているか

2017年初頭における、うちの電子書籍利用事情

 

Amazonを避けるようになった

以前はAmazon一強だったが、最近では品揃えや画質、割引について他のサービスと大差なくなった。

古いkindleホワイトペーパーの性能不足が目立つようになった。

 

・BookLive!をよく使うようになった

週刊ダイヤモンドなどをTUTAYAで買うと電子版がついてくるから。また、最寄りの書店がTUTAYAなことも大きい。

iPhoneの空き容量不足のため、ブラウザからストリーミングで読めるのが利点となった。

 

・Hontoの利用率を上げようと考えている

我が家から歩きと電車で30分のところにジュンク堂書店が出来た(柏モディ店)。

書籍版に「読割50」がついてくることが多いため、心が動いている(書籍版を買うと、電子版が半額で買える権利がつく)。

 

・DMM

DMM系ソシャゲはほとんどやっておらず、成年コミックとAVの電子配信をメインに利用。成年コミックについては、他にはない専門性がある。

DMM上にはケータイコミック(ひとコマずつ表示される)が混じってないのは良いところ。そのかわり、単話配信という形がある。

 

 

・不満があるもの

honya club…日販のやつ。ここは電子書籍版を扱ってないよね…? 文具やCDなど物販は取り寄せあるけれども。書店向けだよな。

e-honトーハンのやつ。デジタルe-hon電子書籍を扱っているが、正直なところ積極的に選ぶ理由が見当たらない。

ebookjapan…  品揃えや画質に利点がある。必要があれば用いることがあるが、書店とのリンクがないので第一候補には上がりづらくなった。

角川ブックウォーカー…読み手として電撃系から離れてしまったので、利点がない。

たぶん、KADOKAWAのタイトル以外はブックライブと同じだもんな。

紀伊国屋…品揃えについてはHontoと同じ。デジタルの成年コミックは少ない感じ。

DLsiteなどデジタル化同人誌…あまり買わなくなったので事情が分からない。DMMで間に合うのかもしれない。穴とメロンの差のような。